○前回のあらすじ 

(AnotherSide:解放の代償)

須藤結生の元へ突如現れた少女、杏。彼の元へ来る前、彼女は記憶と引き換えに自由を手に入れ、また自らの意思で須藤結生に会いたいと願っていた。

 


 

 

 

お話一覧  前の話→

※つづきに関して:リメイクする事に致しましたm(_ _)m  

このお話の続きや詳細に関しては上記ページをご確認願います

 


あとがき〆

混合血体(ハイブリッド)

記憶上書装置(カバーアップ)

身元(コード)

侵食率(クラス)

ルビ打ちがクソ面倒くさかったです… あと分かりやすい説明とそれを説明する流れを作るのがもうもう…しんどかったです

何回も読み直しをしてこれは伝わる?って自問自答を繰り返してを作画しながらやっていきました。 もう何回やり直したかわからないです…最初はあまり色々話しても分からなくなると思い

・更生と、その収容施設

・マザーが第4のドメインである事ハイブリッドの侵食率(クラス)分け

これらは入れるつもりなかったです (実際クラスについてはまだあまり触れてませんが…)

でも赤瀬先輩が話しててこれらを入れないと??ってなる様な気がしてやっぱりいれました。 作画は言うまでもなく死ぬほど面倒くさいとこしかなかったです…たまに出てくる主人公のカットだけがワシの癒しでした(描きなれてるから) 幼少期で始まる導入…最初、この導入は予定してませんでした

下でも話しますがここを1章の始まりにする、あとはanotherの後ということで自然な導入を考えた結果こうなった感じです。

カラーページにしたのはそっちのが区切りいい始まりっぽい気がしたからです 「結末を約束された物語」 …ここを描いてるのが1番楽しかったです(笑) 第1章の展開パターン 実は展開的には5パターンあって最初やろうとしたものは幼女が出てくるんですがネームまで完成したところでいつものコレジャナイ感が来てやめました

大まかには幼女方面(2通り)とMr.L方面(3通り)があったんですが、描きたいのは幼女ルートでも説明や設定を話せるのはMr.LルートなのでしょうがないけどMr.Lでいくか…となりました

区切りもいいしここを第1章の始まりにしようと思いました。ただどうしても説明をするだけでは面白くなかったので夏山はユーシーが好きという設定を仕方なく今出すことにしました… (本来はもう少し後)でもおかげでやりたいネタの流れができたので良かったです。2人が仲悪い設定に救われました… と言っても赤マルの話もハイブリッドに関する話もまだ一部しか出せてないんですけど…

Mr.Lと側近みたいな奴 Mr.Lは元となる人物がいるおかげでそこまで苦労しませんでしたがその側近みたいな奴に苦労しました… 筋肉キャラは得意じゃないんですが、だからといって出さないとなると、みんな同じになってしまうなと思ってなくなく筋肉にしました… 頻度はどうなるかわかりませんがLの側近みたいな奴やその立場に近い連中はメインに深く絡ませるつもりなので要所要所で出るかと思います(多分の多分)

ただMr.Lでもめちゃくちゃ悩んだのが左目です…とりあえず片目がなんかアレというのは決めてて左目を縫っておこうと思いました。最後Lの顔の開示が行われてますが本当はもっとリアルな縫い目をされた左目で…描いてから「あ、痛々しすぎる…」と思ってポップで単純な縫い目に変えました。

ポップですよね、えぇ、ポップです。 展開の選びで作画に着手するまで時間かかってしまい、なんなら作画も作画でスランプ気味でまた時間かかってしまい結局更新までめちゃくちゃ時間かかってしまいました…

申し訳ないです この後の展開はもう決まってるんですがスピンオフも描きたいし、本編も描きたいしでも作画の手は抜きたくないので今後の更新ペースに関しては見直す予定でいます こんな更新頻度でもよければ今後ともよろしくお願いします

 

※2018/11/23追記:リメイクする事といたしました

コメントを残す